サポート

  1. ホーム
  2. サポート:ラミネーター上手に使うヒント集

上手に使うヒント集

各製品の使用方法や上手に使うコツ、日常のお手入れ方法をご説明いたします。

ラミネーター

きれいにラミネートするコツ

  1. まず、同等の紙質のものでテストしてみましょう。温度設定がよくわからない場合は、低めの温度でラミネートしてみてください。白い曇りができたり、接着が不完全な場合のみ、温度を多少上げてください。
  2. フィルムのシール部(2枚のフィルムの接合してある部分)に押し当てるように原稿をセットします。
  3. シール部側から先にラミネーターに挿入します。
  4. まっすぐ水平に、ローラーに引きこまれる感触があるまで差し込んでください。

日常のお手入れ方法

 ラミネーターは1枚ラミネートするごとに、フィルムの接着剤が内部のローラーに少量づつ付着して汚れてきます。ローラーが汚れていると、フィルムを巻き込んで詰まりの原因となることがあります。また、できあがったフィルム表面にも汚れが付着してしまいます。ローラーをきれいに保ち、快適にお使いいただくために毎回ラミネート作業終了後、商品に付属のクリーニングシートか同等の厚さの紙(コーティングされていないもの)を数回空通ししてください。

ラミネートしてはいけないもの

  • 金属、ビニール製品、布、木片など紙以外のもの。
  • 何もはさまないフィルムだけのラミネート。
  • 取扱説明書に記載の「最大ラミネート厚*」を超える厚みのもの。
    *フィルムの厚さも含みます
  • 熱により変色・変質するもの(和紙、感熱紙、クレヨン画など)、軟化しやすいもの(塩ビ、ポリエチレン製品など)、可燃物(セロハンなど)はホットラミネートできません。