コロナ禍以降、IAQ(Indoor Air Quality/屋内空気質)に関心が高まる中、フェローズの空気清浄機AeraMaxPRO(アエラマックスプロ)がアメリカ国内の学校に12万台以上導入されています。空気清浄の需要が高まっている背景には、教育機関がコロナウイルスをはじめとした空気感染に関する科学的証拠を認識し、教員や生徒にとってより安全な室内環境を作ろうと努力していることがあります。

IAQの重要性はコロナ禍で強調され、学校側は教員や保護者から寄せられたIAQに対する懸念に対応するよう促されています。CARESやAmerican Rescue Plan Actを含むアメリカ政府の資金援助プログラムは、学校が空気清浄機に投資することを支援してきました。

CDCの最新ガイダンスでは、IAQの向上のためには、空気の換気・ろ過・浄化が重要とされています。AeraMaxPROのような高性能空気清浄機は、IAQを最適化し、微小粒子を捕集できる高グレードなHEPAフィルターを搭載することで、HVACシステムを補完する能力があると認められています。これらの空気清浄機は、1時間あたり3~5回の空気の入れ替え(Air Changes Per Hour)に対応しており、それは12~20分ごとに空気をリフレッシュできるということです。

また、コロナ禍以前は空気清浄と換気が切り離されて考えられていましたが、AeraMaxPROは現在、局所的なソリューションとしても認識されています。多くの学校では、AeraMaxPROがHVACシステムの修理中にかかる時間と費用を削減する、費用対効果の高い選択肢として注目されています。
(風量の記事に紐付ける?)

<▼学校がAeraMaxPROを選ぶ理由>







 


フェローズの空気清浄機AeraMaxPROは、超静音設計、独自のテクノロジー"EnviroSmart™"、優れた操作性が評価されています。"EnviroSmart™"は、センサーで空間を常時モニターし、空気清浄度やエネルギーを自動調節します。操作不要で安心できる空気環境を提供します。

ミルウォーキー公立学校、スタッフォード郡公立学校、パサデナ統一学区、カルバー・アカデミーなど、さまざまな学校がAeraMaxPROを採用しています。教室に限らず、資料室や図書館・ロッカールーム・会議室などの共有スペースにも設置されています。

カルバー・アカデミーの施設責任者であるJeff Kutch氏は、AeraMaxPROのインテリジェントな機能を高く評価し、教員や生徒・施設管理者に安心感を与えるとコメントしました。

 

「室内空気質(IAQ:Indoor Air Quality)」とは空調/環境関連の業界で使われる用語で、温度、湿度、二酸化炭素、清浄度、気流などについて、人を取り巻く空気の質を健康や快適さの視点から評価した捉え方です。 空気の主成分は窒素ガスで、その他の酸素、水蒸気、アルゴン、二酸化炭素と合わせると空気の組成の約99%をこれらが占めています。残りの約1%は、実は微量ガスやホルムアルデヒド、粉塵などの人体に有害な化合物から構成されており、これらの成分が空気中にどれぐらい含まれているのかを計測して数値化したものが、室内空気質の一つの指標となります。 注目が高まる室内空気質(IAQ) 一般的に内装や建材の影響で室内の汚染物質濃度は屋外の2〜5倍高いとされ、加えて「空気」は1日のうちに人が最も多く体に取り入れる物質(空気:18kg/人、水:1.2kg/人、食料:1.3kg/人)で、人が生涯で摂取するものの83%は空気とされています。空気は健康に影響を与える因子を多く含んでいることもあり、これまでもさまざま調査等で空気質の悪化と病気や死亡率の高さとの相関が提示されています。 近年のウェルビーイングへの関心の高まりや、新型コロナウイルスの影響によりIAQへの関心は今後さらに大きくなっていくことが期待されます。 世界各地のオフィスで働く人々を対象に行われた米国の企業による調査では、実に89%がIAQの低さが健康やウェルビーイングに悪影響を与えることを理解しており、73%の回答者が職場のIAQに何らかの懸念を抱いているとしていることから、ESGの観点からもIAQの適切な評価・維持管理は重要な経営課題の1つにもなっています。 空気質が健康・仕事の生産性に与える影響について 空気質の低下は、健康や仕事の生産性に影響を及ぼすとされています。 知られているだけでも、集中力の低下、眠気、倦怠感、頭痛やめまい、風邪やウイルスの蔓延から、ぜんそくや気管支炎当の気管を含めた呼吸器系疾患のリスク上昇などが挙げられます。 また、家具や建材などから放出される化学物質を体内に取り込むことで起こってしまうシックハウス症候群も問題視されている健康リスクの一つで、鼻水や喉の乾燥、頭痛、吐き気、湿疹などの症状を引き起こします。 健康で安心な日々を送り、仕事で集中力を保ち続けるためにも、空気の質に気を配ることは避けては通れない課題なのです。 空気質を向上させるためにできること オリエンタル技研工業の高性能フィルター空気清浄機能付きパーテーション “Aer”の設置例 室内空気質を高めるためには、次のような方法が有効であるとされています。 ・定期的な換気 換気をすることで室内の空気を入れ替えることができ、清浄で二酸化炭素濃度の適切な空気を保つことができます。 ・空気清浄機の設置 空気清浄機を設置することにより、室内の汚れた空気から粉じんや有害物質を取り除いてきれいに保つことができます。 ・こまめな掃除 こまめな掃除で、ハウスダストと呼ばれる粉じんの飛散を防止することに役立ちます。拭き掃除によっても、ホコリの舞い上がりを防げます。 このような方法は、空気質を向上させるために手軽で有効な対応とされています。しかし、空気の質は目に見えないため、どのタイミングで対策を講じ、どれくらいの効果があったかが曖昧になりがちです。 空気質の見える化でより効果的な対策を実践

 

「室内空気質(IAQ:Indoor Air Quality)」とは空調/環境関連の業界で使われる用語で、温度、湿度、二酸化炭素、清浄度、気流などについて、人を取り巻く空気の質を健康や快適さの視点から評価した捉え方です。 空気の主成分は窒素ガスで、その他の酸素、水蒸気、アルゴン、二酸化炭素と合わせると空気の組成の約99%をこれらが占めています。残りの約1%は、実は微量ガスやホルムアルデヒド、粉塵などの人体に有害な化合物から構成されており、これらの成分が空気中にどれぐらい含まれているのかを計測して数値化したものが、室内空気質の一つの指標となります。 注目が高まる室内空気質(IAQ) 一般的に内装や建材の影響で室内の汚染物質濃度は屋外の2〜5倍高いとされ、加えて「空気」は1日のうちに人が最も多く体に取り入れる物質(空気:18kg/人、水:1.2kg/人、食料:1.3kg/人)で、人が生涯で摂取するものの83%は空気とされています。空気は健康に影響を与える因子を多く含んでいることもあり、これまでもさまざま調査等で空気質の悪化と病気や死亡率の高さとの相関が提示されています。 近年のウェルビーイングへの関心の高まりや、新型コロナウイルスの影響によりIAQへの関心は今後さらに大きくなっていくことが期待されます。 世界各地のオフィスで働く人々を対象に行われた米国の企業による調査では、実に89%がIAQの低さが健康やウェルビーイングに悪影響を与えることを理解しており、73%の回答者が職場のIAQに何らかの懸念を抱いているとしていることから、ESGの観点からもIAQの適切な評価・維持管理は重要な経営課題の1つにもなっています。 空気質が健康・仕事の生産性に与える影響について 空気質の低下は、健康や仕事の生産性に影響を及ぼすとされています。 知られているだけでも、集中力の低下、眠気、倦怠感、頭痛やめまい、風邪やウイルスの蔓延から、ぜんそくや気管支炎当の気管を含めた呼吸器系疾患のリスク上昇などが挙げられます。 また、家具や建材などから放出される化学物質を体内に取り込むことで起こってしまうシックハウス症候群も問題視されている健康リスクの一つで、鼻水や喉の乾燥、頭痛、吐き気、湿疹などの症状を引き起こします。 健康で安心な日々を送り、仕事で集中力を保ち続けるためにも、空気の質に気を配ることは避けては通れない課題なのです。 空気質を向上させるためにできること オリエンタル技研工業の高性能フィルター空気清浄機能付きパーテーション “Aer”の設置例 室内空気質を高めるためには、次のような方法が有効であるとされています。 ・定期的な換気 換気をすることで室内の空気を入れ替えることができ、清浄で二酸化炭素濃度の適切な空気を保つことができます。 ・空気清浄機の設置 空気清浄機を設置することにより、室内の汚れた空気から粉じんや有害物質を取り除いてきれいに保つことができます。 ・こまめな掃除 こまめな掃除で、ハウスダストと呼ばれる粉じんの飛散を防止することに役立ちます。拭き掃除によっても、ホコリの舞い上がりを防げます。 このような方法は、空気質を向上させるために手軽で有効な対応とされています。しかし、空気の質は目に見えないため、どのタイミングで対策を講じ、どれくらいの効果があったかが曖昧になりがちです。 空気質の見える化でより効果的な対策を実践

ここだよ