アキュフィードとは、正確で間違いがない意味の“アキュレート(accurate)”と、送り込んだり供給したりする意味の“フィード(feed)”を組み合わせた造語であり、この商品の肝となる部分のネーミングでもあります。
用紙をトレイにセットしてスタートボタンを押すと、トレイ下のらせん状プレートが回転します。そのプレートの切れ目(スリット)に紙が複数枚同時に挟まり、そのまま細断ユニットにフィード(引き込み)します。

一般的なオートフィードシュレッダーは、小さいゴムローラーで1枚ずつフィードするため、
・クリップやホチキス留めの書類が細断できない
・書類が滑って詰まりやすい
・摩擦によるゴムローラーの劣化
などがどうしても発生してしまいます。

それらに対してアキュフィードを搭載したフェローズのオートフィードシュレッダーは、
・パワフルでスピーディなフィード
・滑らず確実な自動細断
・クリップの有無やホチキスの向きを気にしなくていい*
が可能です。

 

▼AccuFeed搭載の商品ラインナップ

 

 

 

*250M-2はクリップ非対応

 

 

 

▼アキュフィード非搭載ながら、グリップ力のある8本ものフィードローラーで、力強くスピーディーな自動細断を可能したモデルもあります。